翻訳の特徴 | The Meehan Group

english


honyaku_tokucho

翻訳の特徴


Meehan Group 翻訳部門では翻訳に限らず、多様なサービスでお客様のビジネスをバックアップ致します。

DTP 翻訳

チラシ、パンフレット、広告物からマニュアルに至るまで、翻訳と合わせてDTP作業を行います。通常では取扱の難しい多言語 のフォントにも専門のデザイナーとネイティブ翻訳者が対応致します。

翻訳レイアウト

ワード、エクセル、パワーポイント等の資料を、翻訳と同時に各言語に適したレイアウトに仕上げ、そのまま資料等としてご利用 出来るようにいたします。

翻訳校正・プルーフリーディング

文章が正しく翻訳されているか、ネイティブから見て適切な表現になっているかチェック致します。文章のプルーフリーディング から、レイアウト後の校正作業まで承ります。

証明書翻訳

戸籍謄本や各種証明書の翻訳は、提出先や申請内容により特定の書式や翻訳証明が求められる場合がございます。
お客様の用途に合わせて各種書類の準備を行います。 その他のサービス コーディング作業、スクリプト作成、海外連絡代行、現地調査等、お客様のご要望に合わせて幅広いランゲージサービスを展開 しております。 詳しくは (問合せリンク) からお問い合わせください。

翻訳部門 お取引先(抜粋) 

【政府機関等】

日本:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国土交通省(MLIT)、農林水産省(バイオマス規格文書、牛肉輸出入規定文書などの文書各種)、アフリカ経済協力機関(AFRECO/ セミナー文書各種)、ASEAN諸国向け文書、会議文書 文書各種
アメリカ:米国務省(DOS)、米国防省(DOD)、米法務省(DOJ)、米交通省(DOT) 、米国上院、米国連邦地方裁判所、米国州立裁判所 、米国検事事務所(ニューヨーク、ワシントンDCなど)、米国ITC、米国SEC(証券取引委員会)、米国FDA(食品薬品)、

大使館:在日アメリカ大使館・領事館、在日アイルランド大使館、在日アラブ首長国連邦大使館、在日オマン大使館、在日メキシコ大使館、在日スペイン大使館、在ワシントンDC日本大使館
大使館

【法律関連】

契約書(各種)、米国訴訟関連文書 各種 (テーマは医薬やIT技術の特許侵害などの知財から証券の不正取引と幅広く取り扱っております)、米国法務省による日系企業の海外実務調査関連文書 各種、米国監督機関による監査関連文書 各種、日本の監督機関による英米独企業の監査関連文書  各種

【医学・製薬関連】

新薬申請文書 各種、適用変更文書 各種、治験関連文書 各種
【大学】
スタンフォード大学大学院、プリンストン大学大学院、マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院
コロンビア大学 ロースクール/ビジネススクール/心理学部、工学部など、ニューヨーク大学大学院

【美術館】

MoMA(ニューヨーク近代美術館) 音声ガイド・案内文書、展示会パンフレット各種
アイルランド ダブリン国立美術館 音声ガイド・案内文書、展示会パンフレット各種

【その他】

UNIQLO、DKNY・DONNA KARAN、広告代理店 プレゼン資料など各種、